まさかの勘違い – One Control DC Porter

いわゆる開封の儀  

重宝していたMusic Boosterが突然充電できなくなって5年?6年?。ついに同系統の商品がOne Controlから発売されたというのをFBのサウンドハウスのフィードで知り、ソッコーで予約。発売と同時に入手した。USB経由で給電が出来るということでこれは荷物も減らせそうだし期待。そして、One Controlの商品はパッケージがカッコイイよね。と、ここまではすごいテンション上がっていたのだが….

いつまでも充電が完了しない?

同梱のマニュアルのもメーカーのサイトにも充電時間についての言及がない。なんて不親切なんだ!そして、充電すれどもすれども、USBケーブルを挿した状態でないとエフェクターが通電しない。4時間ほど「充電」したのだが状況が変わらず、サウンドハウスのレビューなどをチェックするとボロカスに書いてる人とかが…。

そう、俺は勘違いしたのだった(汗)
このアダプタはUSBケーブルを使ってモバイル用バッテリーからエフェクターに給電するアイテムであって、Music Boosterのようにリチウム電池を搭載してそれに充電ができるというものではないのだ!確かにメーカーサイトに「
充電」なんて一言も書いていない。Music Boosterを探し求めすぎて勘違いしてしまったのだった。

とはいえ

USB用ケーブルは手持ちが色々あるし、モバイル用のバッテリーも使っていないのがある。
ACアダプターに比べると何かあっても出先で入手できる可能性が高いし、変換アダプタを持っていけば通常の電源ユニット同様にACにつなぐこともできる。荷物が減らせる&バッテリー経由でクリーンな電気を供給できるという点はクリアできてるんだからまぁ良しとしよう。何にせよ今のVOCUはアダプタを無くしてしまって汎用品を使っているのだが、微妙にジャックとのフィットが悪く、ライブ中に振動で電源が一瞬落ちたりしてるので、大きさを考えるとこれ一択だし。

本体のみでケーブルがついてこないバージョンは価格も安いし、充電できるわけではない、ということをわかって買う分にはオススメである(笑)

ライブ情報はトップページで

https://kappakarecords.com/